スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

多種多様なバルサミコ酢☆サーロインステーキとの相性抜群! 

バルサミコ酢ってご存じですか?

ブドウを濃縮させ長期にわたり樽熟成させた酢です。
イタリアの特産で、「アチェート・バルサミコ」や短縮して
「バルサミコ」とも呼ばれます。

サーロインステーキのソースから、シチューの隠し味、デザートのソースまで
多種多様に活躍してくれます。

私もよくバニラアイスにかけて食べたりカレーに入れたりしてましたね。

かなり栄養価が高く、美容にもいいので食べて損することはありません。


ステーキソースに関しては高級レストランでもよく使用されていて、
人気も高いです。

やっぱりレストランのソースの方がおいしいけれど、実はこのソース
家庭でも簡単に作ることができます。


では、ステーキ用バルサミコソースのレシピです。

材料は、サーロインステーキ(黒毛和牛のほうが美味しいです)、赤ワイン、
バルサミコ酢、オリーブオイル(サラダオイルもOK)
そしてバターと塩・こしょうです。


まず、オリーブオイルで、塩こしょうしたお肉を焼きます。
お好みの焼きかげんでOkです。

では、お肉が焼けたら、温めておいたオーブンなどで冷めないように保温します。

注意:焼くのではなくて保温です。
ソースを作る間放置しておくとすぐに冷めちゃいますしこれをしていただくと、
お肉のうまみがお肉全体に回ります。

先ほどお肉を焼いたフライパンに赤ワインを50ccくらい(1人分)入れて
中火にかけ、アルコールをとばします。

その中にバター大さじ1くらいを入れ、バターが溶けたら弱火にし
バルサミコ50ccくらいを入れ半分くらいに詰めます。

このソースをステーキにかけて出来あがり♪
(赤ワインとバルサミコの分量はお好みで加減してください)



こんな感じで・・・ぜひお試しください(^o^)丿
スポンサーサイト

意外と気になる食品添加物、コンビニは多く含まれている! 

毎日仕事で忙しい現代人ですが、朝コンビニに行くとお昼のお弁当やパンなど
買っている人が多いです。

自分もお昼はパンを食べることが多いのですが、
コンビニのお弁当やパンは保存量などの添加物が多く含まれるのでなるべく
食べたくないんですよね。


お弁当の中では1人勝ちしていると思われるコンビニ弁当ですが、
実はそうでもないのです。

お弁当専門店の「ほっかほっか亭」とコンビニ弁当の
戦い的なものを前にテレビで放送されていました。

そんなほっかほっか亭で人気の「サーロインステーキ弁当」また、
「サーロインステーキ重」などとも呼ばれているようですが、
それがまた、おいしそうですね。

お弁当の他にも冷やし中華やうどんなんかもあるんですね☆


ほっかほっか亭は、合成着色料は一切使用せず、また保存料などの添加物を
極力使用していません。

しかし、ほっかほっか亭はコンビニのようにあらゆる場所に無いのが難点です。

仕事場の近くにほっかほっか亭があるならいつも行くんですがね・・・。
もっと店舗数増やしてほしいです。


本当、近くに出来てほしいです。

好き嫌い激しい私ですが、添加物などはわりと気にする方なんですよね(笑)
だって病気になりたくありませんからね。

では、今日はこの辺で(^o^)丿

人気の高いサーロインステーキ、おしゃれなお店も☆ 

ステーキお好きですか?
「ニューヨークグリル」などのような高級ホテルのステーキはめちゃ高いですが
最近はそこらのレストランでも1000円ほどでステーキを食べることができますよね。

また、ステーキがあるバイキングもあるとか。
ステーキバイキングってやつですかね。
そしてステーキと言えば「ステーキのどん」。
日本最大のステーキチェーン店です。



ステーキの中でも人気の高いのがサーロイン。
やわらかく甘みがあり、ジューシーな霜降りが多いのが特徴です。

サーロインステーキと言えば、
オージービーフやニューミュンヘンが有名ですね。

私は行ったことありませんが、ぜひ1度行ってみたいものです。
きっとおしゃれな雰囲気で楽しめるお店なんだろうな・・・☆


私の住む地域ではおしゃれなステーキ屋さんなんてないんですよね。

ステーキ屋さんというかおしゃれな店自体少ないです。
田舎なのでしょうがないんですかね。
本当、行くとこなくて困りますよ。
楽しめるのは今しかないのに(笑)

大分話それましたが・・・(笑)
とりあえず、ステーキの中ではサーロインが
人気があるんですというお話でした(^o^)丿

検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。